経営事項審査

公共工事の入札に参加するためには、まずは、経営事項審査申請(経審)が必要です。
この申請には、経理の知識や、建設業法の遵守事項の知識であり、難易度の高い手続きあります。
当事務所は、建設業会計や建設業法の経験が豊富ですので、安心してご依頼ください。
「経営事項審査の結果通知書」を受領するまでの手続きをまとめて行います。

当事務所のサービス

  • 1年ごとに報告義務がある「決算報告(決算変更届)」を知事等に提出します。
  • 申請に添付が必要である、「経営状況分析申請」を専門機関に申請します。
  • 上記の申請ができた後、「経営規模等評価・総合評定値申請」を知事等に提出します。
  • 必要な書類を当事務所で取得します。(※一部オプション)

また、オプションにて、希望される官公庁への「入札参加資格審査」の提出も行っております。

入札までの流れ

※下記の青文字の2〜6の手続きを当事務所が代行にて行っております

1 建設業許可の有効期限の確認、過去の決算変更届の提出の有無の確認

2 毎年提出が必要な「決算変更届」を作成し提出します

3 分析機関に、「経営状況分析」の申請を行います 

4 分析機関から、「分析結果通知」が届きます

5 知事等に、「経営規模等評価・総合評定値申請」の申請を行います

6 知事等から、「経営事項審査の結果通知書」が届きます

7 入札を希望する官公庁に対して、「入札参加資格審査」の手続きを行います

8 入札参加資格審査を申請した官公庁より、「参加資格認定通知書」が送付されます

9 これで希望した官公庁の入札ができるようになります

入札の流れ

当事務所のサポート

ページのトップへ

経営事項審査 MENU

対応エリア
岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町の大阪・泉州地域
※他の地域も案件によっては対応しますので事前にご連絡ください。